初デートに繋げる婚活パーティーでの振る舞い方について紹介しているサイト

>

他人を尊重する気持ちで臨む

感情をあらわにしないよう気を付けよう

婚活パーティーに参加したら、気になる人も居れば接点を感じない人も居ます。
どちらの人も参加していて、各々の人が他の参加者の振る舞いを見ているものです。
あまり接点を感じない相手に対しても丁寧に接するように心がけましょう。

限られた時間でより多くの人と話してみたいという気持ちが先行して、興味を持ってくれた相手をぞんざいに扱うのは失礼ですし、人間性として現れることで他の参加者から見た印象が悪くなってしまうことにもなりかねません。

パーティーの最初から最後まで、最低限の節度とマナーを守った振る舞いを意識して過ごしましょう。
マナーや礼儀作法というものは付け焼刃で身に付くものではありませんが、少なくとも相手に対して失礼にならないように気を付けることを頭に置いておきましょう。

自分のことを話す時はタイミングを見よう

婚活パーティーという場である以上、相手のことを思いやるのとは別に自分のこともアピールしたいと思うのは自然なことです。
しかし、自分のことを話すのはタイミングを誤ったり相手の話をよく聞かずに始めてしまうと単なる自分語りになってしまう恐れもあり、とても独りよがりに映ってしまいます。
リアルに対面した上でのコミュニケーションにおいては常に相手を尊重する気持ちが先に来るよう心掛けましょう。
自分のことは聞かれた時に答えるか、相手の話の内容に沿わせて自然に切り出すことができればベストです。

自分第一になってしまうと、会話や振る舞いに現れるので人によってはその時点で敬遠されてしまうことにもなりかねないので、相手を優先する気持ちを持って臨みましょう。


この記事をシェアする